Ubuntu セットアップガイド

WindowsよりもLinux派?Linux用Windscribeの設定方法はこちらからどうぞ。

Check out our native Linux app.

ステップ 1

OpenVPN構成ファイルと証明書を取得します(プロ版アカウントが必要です)。またCA証明書とTLS認証キーも必要です。

ステップ 2

ターミナルで次のコマンドを実行します:

sudo apt-get install network-manager-vpnc

sudo apt-get install openvpn network-manager-openvpn network-manager-openvpn-gnome

sudo /etc/init.d/networking restart

下記のコマンドを実行しOpenVPNを起動します。:

sudo openvpn --config /path/to/downloaded/config.ovpn

ステップ 3

上のネットワークメニューから、VPN Connections - > Configure VPNへ進みます

ステップ 4

「Add」をクリックします

ステップ 5

ドロップダウンメニューから「Import a saved VPN configuration」を選択します

ステップ 6

ステップ1でダウンロードした.ovpn構成ファイルを選択してください

ステップ 7

画面にはこのように表示されます。

ステップ 8

「Authentication Type」を「Password」に変更します

ステップ1のユーザー名とパスワードを入力してください。 ユーザー名とパスワードは、Windscribeのログイン用とは別にしてください。

Ubuntu6.04をご利用の場合、ステップ11は飛ばして次に進んでください。

ステップ 9

ステップ1でダウンロードしたca.crtファイルを「CA Certificate」に設定します

ステップ 10

「Advanced」をクリックし「TLS Authentication」タブを開きます

「Verify peer (server) certificate usage signatur」にチェックを入れ、ドロップダウンメニューを「Server」に設定します。

「Use additional TLS authentication」にチェックを入れ、ステップ1でダウンロードしたta.keyファイルを入力します。Key Directionは「1」に設定してください。

OKを押下し保存します。

ステップ 11

上のネットワークメニューからVPN Connectionsへ進み、作成したプロファイルを選択してください。