DD-WRT セットアップガイド

カスタム版のファームウェアルーターをお持ちですか?Windscribeを設定しましょう!

Buy preconfigured router: FlashRouters or VPNRouters.

ステップ 1

OpenVPN構成ファイルと証明書を取得します (プロ版アカウントが必要です). CA証明書とTLS認証キーが必要です。

ステップ 2

DD-WRTコントロールパネルを開き、「Services」タブをクリックし「VPN」タブを開きます。

ステップ 3

「OpenVPN Client」までスクロールし「Enable」を選択してください

ステップ 4

ステップ1でダウンロードした.ovpn構成ファイルをテキストエディターでひらき、「remote」と書かれている行を探してください。「xx.windscribe.com(xxは選択した国名)」と記載されています。これがサーバー名、隣の番号はポート番号です。

ステップ 5

残りの欄を次のように入力します:

Server IP/Name: ステップ4のホスト名

Port: ステップ4のポート名。不明な場合は443と入力してください。

Tunnel Device: TUN

Tunnel Protocol: UDPまたはTCPですが、ステップ1で選択した内容によって変わります。不明な場合はUDPのままにしておいてください。

Encryption Cipher: AES-256-CBC

Hash Algorithm: SHA512

User Pass Authentication: Enable

Username: ステップ1のユーザー名を入力してください。Windscribeのユーザー名とは異なります。

Password: ステップ1のパスワードを入力してください。Windscribeのパスワードとは異なります。

ユーザー名とパスワードの欄がない場合、ページ下部の付表をご覧ください。

Advanced Options: Enable

TLS Cipher: None

LZO Compression: Yes

NAT: Enabled

Firewall Protection: Enabled

IP Address: 空欄のままにします

Subnet Mask: 空欄のままにします

Tunnel MTU setting: 1500

Tunnel UDP Fragment: 空欄のままにします

Tunnel UDP MSS-Fix: Disabled(必要ない限りこの設定にします)

nsCertType verification: チェックを入れます

TLS Auth Key: ステップ1でダウンロードした.zipファイル内からta.keyをテキストエディタで開き、内容を貼り付けてください。

Additional Config: 下記からコピー&ペーストします:

reneg-sec 432000
resolv-retry infinite

CA Cert: ステップ1でダウンロードした.zipファイル内からca.crtをテキストエディタで開き、内容を貼り付けてください。

画面はこのように表示されます:

ステップ 6

下部の「保存」ボタンをクリックしてください。ページ更新後、「設定を適用」をクリックしてください。.

ステップ 7

上部の「ステータス」をクリックし、「OpenVPN」を選択してください。

下記の画像のように上部に「State」と表示されている場合、接続に成功しています。

ステップ 8

おめでとうございます。これでルーターへWindscribeを設定できました。

付表

ユーザー名、パスワード欄が表示されない場合、DD-WRTの旧バージョンを使用していますので追加項目が必要です。

ステップ 9

追加構成ファイル内にこの行を追加します:

auth-user-pass /tmp/password.txt

ステップ 10

Administration > Commandsへ進みます

「Startup」ボックス内に次のコマンドを入力してください:

echo username > /tmp/password.txt
echo password >> /tmp/password.txt
/usr/bin/killall openvpn
/usr/sbin/openvpn --config /tmp/openvpncl/openvpn.conf --route-up /tmp/openvpncl/route-up.sh --down-pre /tmp/openvpncl/route-down.sh --daemon

下部のこちらのページでユーザー名とパスワードを「echo」した後、ユーザー名とパスワードを変更してください

ステップ 10

「Save Startup」をクリックし、ルーターを再起動してください。